タイトル

エッホ!走るブ〜!えっほ!
ライン
こんちにはいらっしゃい

2003年,平成15年1月17日(金)よりスタート。『吉田 剛のマジで〜ぶっちゃけ〜』
俺の思ってることやら感じていることなどを結構率直に書いて行こうと思う。
更新,2003年1/17

・2003,1/17
今日から始まったこのコーナー。まず,第一弾は...俺と前野(Vo)_どっちが「おっさん1号」 でどっちが「おっさん2号」なのかと言うことだ。「おっさん」というのはお互いなどが呼び合う "呼び方"なのだが,お互いが「おっさん」で俺達はある種わかったりもするが,たいがいの周りの人には わからないだろう...まぁ〜別に「どっちが?」_と決めなくッてもイイのだが...うん〜...なんだかこれを読んでいる人は 何だか分からなくなってしまうかもしれないが_...そもそも,俺と前野の出会いというのが.....

同郷の群馬で_俺が 高校卒業してその時はまだ,東京に出ようとかは思っていなくて_ある種「群馬でも出来る!」と思っていた。 一度は就職したものの_3ヵ月の試用期間の後,いざ正社員になったら残業やら休日出勤やらで(まぁ〜上司からは ある程度聞かされていたのだが_)「このままではやはりバンド活動がおろそかになる!」と思い_すっごくいい会社 の人達,上司,面白い同僚_だったのだが...キチンと説明して辞めた。今でもその時の残念そうな...それでいて, どこか_俺のこの先を"応援"してくれるような課長の顔が目に浮かぶ....._そして,俺は前よりももっと群馬の中心街 「前橋」に出向くようになった。その頃俺はコピーバンドをやっていて,その頃はまだBassのみでコーラスも やってなかった。主にアースシェンカーやラウドネス,浜田 麻里などをやっていた。しかし,俺の中ではいつも, もっとこうー変態的な_もっとなんだか「うぉりゃ〜!!」みたいなものを求めていた_やりたいと思っていた。 求めていたものは『DOOM』『GASTUNK』_辺りだった。そして,その時のメンバーに「面白い人がいるよ!」 と聞いて_その人のライブを見に行ったのだった。顔をDOOMばりに"白塗り"にしていて,きったね〜長髪で_ なんだか「ルールなんか知らね〜」とばかりにステージ上を暴れまくっていた_徘徊していた。...俺は「こんな奴, 群馬に居たんだ〜...」と思った。彼のステージが終わって少々恐る恐る話しかけ,『DOOM』『GASTUNK』の話し なんかをした。...これが俺と前野の出会いだった.....その後何度か会うようになり_酒を飲み_つかみ合の喧嘩もし, 一緒にバンドも始め_気付いたら前野は東京に行っちゃてて_俺はそれを追うがごとく上京し_また,メンバーを めっけてバンドをやるものの,前野と考え方の違いにより俺は前野を"ヘルプVo"として一緒にやっていた。それでも全然 一緒に飲んだり,語り合ったり,相談しあったり_喧嘩したり... 俺がいくつの頃だろう_俺と前野は1つ違い (前野が1つ上)なのだが_いつしかたぶん_俺が最初,前野に『おっさん』と言われた様な気がする。 ...だから,やっぱ俺が『おっさん1号』になるのか〜?!「おっさんにおっさんと言われたくね〜よ−...なぁ〜 "おっさん!"」_俺も前野の事を「おっさん」と言っている。...と言うか_フロマイ皆がお互いを大体『おっさん!』 って言っている。"おっさん,おっさん,おっさん,おっさん!....."う〜ん_何だか分からなくなる.....俺と前野_ お互いの生活環境,価値観_そして,なにより_
「まぁ〜ちゃん,Gu」「トスさん,Dr」と出会えて_今の "FROM MY SOUL"がある。前野とは今でも熱く語り合ったり_相談しあったり_なにより,「バンド内で戦い!」 だったりでイイ感じだ。お互いが言いたいことを言い合える仲間_友.....俺は『う○こタレじじい_』になっても 前野と酒を酌み交わしたい...と,思っている。


SOZAI
素材


バイバイバイバイ〜

BACK
SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー